オフィスをもっと機能的にする事ができるアイディアとは

サービスの現状

スキャンの登場について

最近電車に乗っていると、誰もがスマホやタブレット端末で新聞を読んだりゲームをしています。このような情報機器は生活に必須のものとなっています。自分が読みたい本や資料などがダウンロードできない場合に、スキャナーで読み込む必要があります。自分で使えるスキャナーが無かったり、いちいち読み込む作業が面倒な場合にスキャンサービスを利用することで、好みの端末で紙媒体のものを読むことができます。 端末で本などを読むことは、まだ一般的ではないかもしれません。しかし、公立の小学校にタブレット端末が配布されるなど、デジタル化は早いスピードで進んでいます。近い将来は新聞や児童書なども、端末での提供が増えることが予想されています。

スキャンサービスの現状

数年前にスキャンサービスを提供する会社が現れてから、あらゆる企業が参入しています。そのため価格競争が進んでおり、数年前より安くスキャンサービスを受けることができます。現在は1枚10円程度と、コピーサービスと同等の価格が主流です。価格以外でも、本の背表紙を裁断した後、製本し直したり、ビジネス街にある事務用品店では、24時間受付を行っていたり希望する端末にメールで送るなどのサービスを行っています。スキャンしたい書類の著作権について、スキャンすることが問題になるかアドバイスを提供する店舗もあります。 今後、情報機器端末が更に市場に出回るようになれば、スキャンサービスの需要が高まり、別のサービスを売りとする会社が出てくることが考えられます。